スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメシスト加熱シトリン化実験 番外編

※この実験は非常に危険を伴いますので、良い子はマネしないでください。実行する場合は自己責任!しっかりと破片を防げる場所、装備で行なってください!!


先日の実験を終えた後、熱したらシトリンになるだけではなく産地等の違いにより緑になったり、乳白色になったり色が抜けたりという情報をいただいた。
ちなみに緑は恐らくプラシオライト、乳白色はスコロライトという事になるんだと思う。

ただ、どの産地のアメシストを加熱したらプラシオライトになり、スコロライトになるのかというのはよく分からない。なので、これから折を見て色んな産地を試していけたらと思う。
思うけど、ベラクルスやブランドバーグみたいなブランド物はもったいなくて試しにくいだろなぁ…(笑)

アメ加熱実験02-1

で、前回の実験では産地不明の物を使用したので、今回は産地の分かっているアメを用意しました。
写真右側のアメは加熱したけど、前回のビーズと同じような不気味な色に変化したので、今回は割愛。
左側のドッグティースアメシストを使用します。犬牙アメシストとも言ったりします。
ブラジルのBahia産です。

スポンサーサイト

アメシスト加熱シトリン化実験 後編

※この実験は非常に危険を伴いますので、良い子はマネしないでください。実行する場合は自己責任!しっかりと破片を防げる場所、装備で行なってください!!


前編で予告していた通り、後編では中華系業者さんの販売していたアメシストのビーズとローズクォーツのドクロを加熱したらどうなるのかという実験の模様をお伝えしやがります( ´∀`)

今回の実験にしようするのはこちら!

アメ加熱実験01-13

おや?と思った方は美微観通です。
旧館でのアメシスト褪色実験にしようしたビーズとドクロです。
結局、半年以上ベランダに放置しても大した変化は無かったです。若干アメシストの珠の中に「黒ずんだ??」と感じる物がありましたが、放置した結果なのか元からなのか判断できなかったです( ´∀`)

アメシスト加熱シトリン化実験 前編

※この実験は非常に危険を伴いますので、良い子はマネしないでください。実行する場合は自己責任!しっかりと破片を防げる場所、装備で行なってください!!


アジアン雑貨のお店、パワーストーンのお店等で濃いオレンジ色のシトリンドームを見た事がありますか?
見たことの無い人は試しに「シトリンドーム オレンジ」で画像検索してみてください。
すんごい色したシトリンの画像がいっぱい出てくると思います。

このようなシトリンドームは元々アメシストのドームで、これを焼くことで作られていると言われています。

お店によっては加工されていることすら知らないで販売している所もあるかと思います。
こういった加工品を天然石として説明書き無しで販売していることの是非は今回は無視。
この加熱シトリンドーム、けっこうなお値段するのよねー。

アメシストを焼いて作るという事は自分でアメシストを焼けばシトリンが作れるということか!!

作れそうなら作ってみたら良いじゃない!という事で手頃なクラスターを用意。

アメ加熱実験01-1

『地球の鉱物』っていう雑誌の付録だったアメシスト。ちょうどいい大きさだ!
これを焼くとオレンジのシトリンが出来るのか…( ´∀`)

サンストーン

産地:インド
重さ:約12.55ct

サンストーン 001-1b


フローライト

産地:Yao Gang Xian Mine, Hunan Prv, China
重さ:約98.80ct

フローライト 007-1b


スーパーセブン

産地:Karur District, Tamil Nadu, India
重さ:約70.80ct

スーパーセブン 001-1b


※2013/03/24
 産地情報が違っていたため修正します。
 誤:Espirito de Santo, Brazil
 正:Karur District, Tamil Nadu, India

産地情報が誤っていたため、本来のスーパーセブンの定義から外れますが、タイトルはそのままにしています。

ケセラストーン

産地:Juazeiro, Bahia, Brazil
重さ:約15.70ct

今凹んでるお友達、譲ってくれたこの石の意味思い出して元気になって欲しいなぁと切に願っている今日このごろ。

ケセラストーン 001-1b

グリーンオパール

産地:Krizo-Praz, Trepca, Kosovo
重さ:約237.20ct

グリーンオパール 001-1b


アイスクリスタル

産地:Kullu Valley, Himachal Pradesh, India
重さ:約44.10ct

アイスクリスタル 002-1b

アーカンソー水晶

産地:Montgomery Co. Arkansas, U.S.A
重さ:約133.80ct

アーカンソー水晶 002-1b

これね、欠けたりしてこういう形になったんじゃなくて、元々こんな形に結晶したの( ´∀`)
横にしたら新幹線みたいなフォルムに惚れてしまって即買いしてしまった子です(*´Д`)ハァハァ

レピドライト / マスコバイト

産地:coronel Murta, Minas Gerais, Brazil
重さ:約186.70ct

レピドライト・マスコバイト 001-1b

ちょっと画像だとテカッていて分かり辛いんですが、2種の雲母が菱形に結晶している状態です。
外周の紫色の部分がレピドライト(リチア雲母)、内部の白い部分がマスコバイト(白雲母)です。

キラキラした群晶

産地:インド
重さ:約106.90ct

インド産のキラキラした群晶です。
沸石の仲間かな?

不明 005-1b

クリノクロア イン クォーツ

産地:ブラジル ミナスジェライス
重さ:約1.56ct

水晶の中にクリノクロアが内包されている珍しいルースです。
クリノクロア、パワーストーンに詳しい方なら「セラフィナイト」と言った方が分かりやすいですね( ´∀`)
水晶内でクリノクロアが結晶化するのは珍しいんだそうです。

クリノクロアインクォーツ 001-1b

フェアリーストーン

新年明けましておめでとうございます!
今年も色んな石の色んな顔を紹介していけたらいいなぁと思っています。
ご意見、ご要望をいただけたらどんどん取り入れていきたいです。
今年一年もよろしくお願いします。

今日は新年一発目という事で、割とノリが軽めです( ´∀`)

産地:Harricana River, Abitibi, Quebec, Canada
重さ:約183.85ct

フェアリーストーン 001-1b

大切な友人よりいただいたフェアリーストーンです。
今日ご対面したばかりです。
いらっしゃいませ!
主はこんな人です( ´∀`)

つぐこ☆デラックス

Author:つぐこ☆デラックス
自称「鉱物観察士」

好きな鉱物:水晶の仲間,フローライト,ターコイズ

鉱物ビンボーです(笑)

石の寄贈めっちゃお待ちしてます(´∀`*)ウフフ

夢は書籍化!!

過去画像はヘッダーメニュー「Gallery」からどうぞ!

新しい記事です( ´∀`)
悶絶カテゴリ
電脳の海へダイブ!!
萌えコメント(*´Д`)
悩殺Tバック(;゚∀゚)=3
魁!月別アーカイブ
出品してます!
出品中の商品はこちら
つぶやきなう
ブロとも一覧
タグクラウド

何でも調べられます!
各種お問合せはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

こっちもどうぞ( ´∀`)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。